家の外観・構造材料について

住宅という言葉で皆さんはどのようなものを思い描きますか。

一言に住居をきめるという言葉で「家」を表すとしても、この狭い日本の中でご近所に全く同じ形、構造の家を見つけることは大変珍しいことです。

一般的に一戸建てと言われる住宅と、賃貸アパートやマンションのように複数の家族が限られた占有面積の中で壁を隔てた隣で生活するというライフスタイルもあります。

家という言葉から、さまざまなパターンや生活の仕方が思いだされますよね。

まず住宅というものの見た目から考えてみました。

その中で、最も分かりやすいのは「構造・材料=見た目を左右する」ということでした。

もしあなたが、家を建てよう。家を引っ越そう。と思った時、まずどのような見た目の家にすんでみたいかということを想像してみてください。

自分が「ただいま」と家に帰る家がどんな見た目の家だったら嬉しくなるか。自分の好みと家の見た目(外観)がマッチしていたら、毎日の生活がさぞ楽しくなると思いませんか?

もちろん見た目にこだわらずに、部屋の中を自分の思い通りの空間にすることで満足を得られるかたもいらっしゃると思います。その、部屋の中の雰囲気のこだわりもむしろ、見た目や好みを大きく表現できる場所です。

みずからが部屋や住宅自体に大きな支払いや家賃をかけて、自分らしい空間を手に入れるのです。こだわりたいと思う方が多いのではないかと思います。

その、自分らしいこだわりの表現をするためにどのような要件が関わってくるのか、まずは外観と構造材料との関係を考えると面白いのかもしれませんね。

Tags: ,

Comments are closed.