浴室のリフォームを考える理由

浴室のリフォームを考える理由として、「寒い」「汚れがとれない」がお客様の声として多くあります。

まず、理由としてあげられる「寒い」ですが、なぜ寒さを浴室で感じるのでしょうか。浴室で寒いと感じるのはどこですか?それは洗い場ですよね。寒さを感じる浴室の様子でまず見られるのが、タイル貼りの浴室であること。昔の浴室ではよくあるタイプですが、タイル貼りの場合、その裏に保温材をつけず、そのまま壁に貼り付けていることがほとんどです。そうなると、外気がそのまま浴室に伝わることになります。だから、寒いのです。

また、農家をされているお宅でよくあるのが、2ドアの浴室。外から農作業をしてそのまま入ることができるドアと通常出入りするドアの2ドアがある浴室のことです。ドアが二つあることで、外気が入りやすくなります。

次に「汚れがとれない」のはなぜでしょうか?汚れがとれないところはどこですか?大抵、壁の汚れや床の汚れがほとんどだと思います。その場合、床や壁はタイル貼りで、目地に汚れがたまってしまってとれないと苦悩されている方が多いでしょう。またタイルの目地が割れてしまい、そこから水漏れをしたり、汚れがたまる原因になったりしている場合もあります。先ほどから何度も書いていますが、このタイル貼りの浴室の事を在来工法の浴室といいます。

リフォームを考えているお宅の半分以上がこの在来工法の浴室です。では、在来工法をリフォームする方法としてはどのようなものがあるのか書いていきたいと思います。

Tags: ,

Comments are closed.