在来工法からのリフォーム

在来工法とは違う浴室の作りがあります。それは、システムバスです。

簡単に言いますと、システムバスとは、天井、床、浴槽などのパーツを部屋の中で組み立てるものと考えていただければよいでしょう。部屋の中にまた部屋をつくるというイメージです。

在来工法と違い、壁はパネルになります。パネルの裏には保温材がついているので、暖かい空気を外に逃がしません。壁もタイル貼りとは違い、目地が数本しかありません。目地が少ないと、目地に汚れがたまることもなくお手入れが楽になります。汚れもさっと落とせるようなパネルを各メーカーが用意しています。

床も、タイル貼りではありません。1枚のパネルのような形になります。水はけを良くするためや滑りにくくする為にある程度の目地のようなものをつける形になりますが、タイル貼りに比べて汚れ落ちは断然いいです。タイル貼りの場合、寒い冬に床を素足で歩くとひやっとすることがありますよね。

システムバスになると、床にも保温材が入っていたり、床も暖かくなる素材を使っていたり、床暖房がついていたします。その為、床のひやっと感もなくなります。素材もやわらかいものを使っているメーカーもあり、小さなお子様が浴室ですべっても大丈夫なような工夫もしています。ドアを二つつけるということはできなくなりますが、壁がパネルである為、今ある窓を使ってリフォームすることも可能です。

このように在来工法の浴室からシステムバスへリフォームするととても暖かくてお掃除のしやすい浴室に生まれ変わります。

Tags: , ,

Comments are closed.