浴槽の水栓

在来工法の浴室を使っていた場合、水栓はどんなものをお使いでしたか?

多くの方が、浴槽と洗い場の中間に水栓がついていて、浴槽でも洗い場でも使えるようなタイプであったと思います。もちろん、今でも一つの水栓を使い、浴槽と洗い場で兼用するタイプもありますが、最近のシステムバスの場合は、二つ水栓をつけるかもしくは洗い場だけ水栓をつけるようになります。

まず、二つ水栓をつける場合ですが、洗い場側には、洗面化粧台でついているような水栓がつきます。サーモスタット付きの温度を手元で変えることができるものもありますし、お湯と水を切り替えできる水栓もあります。そして、浴槽側には2バルブ水栓といいまして、お湯と水がそれぞれでるようなものをつけます。もしくは、サーモスタット付きの水栓や一定のお湯がはいるようにできる水栓などもあります。

次に、洗い場側だけに水栓をつける場合です。この場合、洗い場側は先ほど書いたような水栓がつけられますが、浴槽側には水栓はなくなります。浴槽に水栓がなければ、どうやってお湯をいれるのかと思う方も多いと思います。この場合、浴槽にお湯は、浴槽に穴をあけて、リモコンを押すと穴から給湯できるようになります。

穴から給湯するには、浴室のリフォームと同時に、給湯器のリフォームも必要になります。水栓のつけ方をどうするかは、今ある給湯器をそのまま使うか、もしくは新しく給湯器もリフォームしなおすかによって変わってくるところです。今の状態がよくわからない場合は、業者さんに一度みてもらい現状を確認しておくのがよいでしょう。

Tags: , ,

Comments are closed.