住宅造りで多い悩み

住宅造りで一番多い悩みは資金についてです。

住宅造りをすることはお金がたくさんかかりますが、そのような大金で買い物をする機会はほとんどないので、どのようにすればいいのかわからないことが多いはずです。

自己資金はいくら用意しておけばいいのか。

借りるお金はいくらぐらいにしたほうがいいのか。

自己資金はいくら用意すればいいのかということですが、実は自己資金を用意しなくても

住宅造りをすることもできます。

自己資金を用意したほうが住宅ローンの借り入れ額を少なくすることができるのでいいようですが、場合によります。

金利が高ければその間に自己資金を貯めながら金利が低くなるのを待つのもいいですが、金利が低いときは自己資金を貯めるよりもすぐに借り入れをしたほうがいいことが多いです。

借りるお金をいくらにするかですが、借りることができるお金は年収によって変わってきます。

考えておくのは返済できる金額を借り入れるようにすることです。

住宅造りで実現したいことがあって、多めに借り入れをしたいこともあるかもしれませんが、バランスを考えるようにしましょう。

他にも気になることはたくさんありますが、わからないことはプロに聞くのが一番いいです。

銀行に行って聞いてみるよりも、住宅会社に行って話を聞くことをお勧めします。

なぜかといえば、銀行はローンだけに詳しいですが住宅会社は住宅と住宅ローンの事に詳しいからです。

住宅会社の中には、住宅ローンアドバイザーの資格を持った社員がいるところもあります。

住宅ローンアドバイザーに相談しながら資金計画をつくっていくといいでしょう。

Tags:

Comments are closed.