キッチン収納

従来のキッチンキャビネットは開き戸タイプが主流でした。開き戸タイプでは鍋などの調理道具を重ねてしまうのと、奥にしまったものが出しにくいというのが欠点でした。しかし最近は引き出しタイプの収納が主流となってきました。引き出しタイプの収納に変わることで奥にしまった物を把握しやすく、また出し入れもしやすくなるのです。

またキッチンでは様々な調理器具を使用します。フライパンに鍋、菜箸にお玉など大きさのある物や高さのある物も多いです。しまうものに合わせた収納機能を取り入れることで、それらを取り出しやすくまたしまいやすくなるのです。
そしてこれがキッチンの家事効率を高めることにも繋がるのです。お玉や菜箸など高さのあるものは立てて収納し、フライパンや鍋は柄の部分がつかみやすいように収納するのです。このようにキッチンの収納に目を向けてキッチン選びをする必要があるのです。

そして最近では対面式のフルオープンが大変人気です。このキッチンスタイルにすることで従来は当たり前のように設けられていた吊り戸棚が今ではないのです。吊り戸棚へ不満を感じている人は多いのではないでしょうか。
吊り戸棚は物の出し入れがしづらいです。一番高い部分にしまった物が何なのか、取り出そうとしても一大事です。このようなデメリットが吊り戸棚離れを強めているのです。

しかし吊り戸棚がなくなることでキッチンの収納スペースを失います。スペースに余裕がない家庭ではこの吊り戸棚の収納スペースは貴重です。その際には目の高さまで上下に動かすことのできる使いやすい機能性に優れた吊り戸棚にしましょう。手動タイプのものやボタン一つで動く電動タイプのものがあります。キッチンの収納を高め家事の円滑さを期待したいものです。

Tags: ,

Comments are closed.