吹き抜けリビング

我が家の新築住宅はリビングの一部を吹き抜けにしました。吹き抜けにすることを決意するまで大変悩みました。吹き抜けをした人でもいいという人もいれば、止めればよかったという声も聞かれただけになかなか決断することができませんでした。

吹き抜けにすることの魅力は、空間に明るさと開放感を与えてくれます。高い位置に設けた窓から明るさをたっぷりと取りこみ、家族の集まるリビングを明るく包んでくれます。また二階にも視界が繋がることで、面積以上の広さを実感できるのです。
また一階と二階を繋いでくれる存在にもなります。子ども達が二階で過ごしていても、一階から吹き抜けを通して声をかければコミュニケーションも取りやすくなります。また吹き抜けを通して互いの存在を身近に感じられるので、それぞれの空間で過ごしていても安心感を得られます。

吹き抜けのデメリットとしては、冷暖房効率が悪いといことが多く聞かれます。特に冬です。暖かい空気は上昇します。吹き抜けがあることでリビングの足元部分は冷たくひんやりとした印象があるのです。
しかしこれについては住宅の断熱性を高めることで、心配しなくていいのです。住宅の断熱性が低いと、吹き抜けにすることで冷暖房効率を下げて、光熱費にも大きく影響してくるのですが、住宅の断熱性を高めることで冷暖房効率を気にすることなく、むしろ一階と二階で温度差のない家にできるのです。暖房対策としては吹き抜け部分にファンを設け空気を循環させればいいのです。吹き抜けはデメリットと感じることへの対策をしっかり行い魅力をたくさん感じられる空間を造りだしたいものです。

Tags:

Comments are closed.