不満の少ない家

住宅の不満の大部分は収納と言われています。それだけに多くの住宅で収納スペースをしっかり確保できるような間取りが最近では当たり前のようになってきています。それでも収納への不満は上位を占めています。それと同じくらいに不満の声が挙げられているのが、コンセントの位置と数です。コンセントをたくさん設けていても邪魔に感じることもありませんし、生活のしにくさにも繋がりません。

コンセントはできるだけ多く設けておいた方がいいのです。いざ電化製品を使いたいと思っても、コンセントがないと不便さや住宅への不満に繋がっていくのです。例えば、毎日のように使用する掃除機。最近この掃除機は充電式のものが増えています。充電式の掃除機を使用している家庭や、購入を考えている家庭は、この掃除機を収納するスペース内にコンセントを設けておいた方がいいのです。

そうすると掃除機を収納している状態で充電しておくことができるのです。また掃除機をかける場合も、挿し口を何度も変更するのは面倒です。フロアの中心にコンセントがあると、一か所の挿し口でワンフロア全て掃除機がかけられるので掃除の効率も高まります。

私は、キッチンの作業スペースにコンセントを設けておけば良かったと後悔しています。作業スペースにコンセントがあれば、フードプロセッサーやミキサー電気ケトルなどを使用する時に便利です。作業スペースにコンセントがないので、キッチン前に設けた腰壁に設けたコンセントを使用しなければいけないので時に不便さを感じます。コンセントを設ける際には、使用する電化製品などを考え、設置する数や位置をしっかり考えることで不満の少ない家となるのです。

Tags:

Comments are closed.