二つの玄関

我が家の玄関はメインのお客様用玄関とその隣に家族用の玄関と分けました。このように動線を分けることで、メインのお客様用玄関には靴が散らかりにくく、スッキリときれいな玄関を保ちやすくなるのです。

このようにした理由は、以前住んでいた住宅では、家族が帰宅すると玄関に靴が散らかり、玄関いっぱいに広がった靴を片付けるのは私の仕事で、その光景を見るだけでストレスに感じていました。また玄関が片付いていない時に限って急な来客者があるものです。インターホンが鳴ってからバタバタ片付けてお客様の対応をしていました。新しい家ではこの不満を解消すべく動線を二つに分けたのです。

家族用の玄関はシューズクロークが設けられているので天井いっぱいに広がる収納棚には家族の靴を大容量に収納できています。また土間収納スペースもあるのでついついポーチ部分や玄関内に置きっぱなしになりがちな、ベビーカーや三輪車など外で使用する物をしっかりとシューズクローク内で管理できています。シューズクロークから室内へスムーズに行き来できるようにしたことで、家族みんな大満足しています。

靴が大容量に収納でき、出し入れがしやすいことから、子ども達は脱いだ靴をきちんとシューズクロークへとしまう習慣が身に付きました。玄関の動線を二つに分けて行き来がしやすい、キレイでスッキリとした玄関にしてみてはいかがでしょうか。

Tags:

Comments are closed.