二階で過ごす時間

我が家は子ども達がまだ小さいこともあり一階と二階で過ごす時間を比較すると断然一階で過ごす時間の方が長いです。しかしせっかく建てる二階建て住宅で、二階はほとんど使用しない空間にしてしまうのはもったいないと思い、二階にファミリスペースを設けました。

このファミリスペースは吹き抜けに面して設けられているため、一階と二階で家族がバラバラに過ごしていたとしても、吹き抜けを通して互いの存在を身近に感じることができ、一階と二階で会話もしやすいのです。現在はここに子ども達のおもちゃや絵本を並べています。昼間は子どもの遊ぶスペースとして大活躍しています。子どもだけで遊んでいても、吹き抜けを通して子ども達が仲良く遊んでいるか、ケンカしているかなど様子を吹き抜けを通して分かるため安心して遊ばせることができています。

夜は寝る前の時間を二階のファミリスペースで家族みんなで過ごしています。寝室により近い場所でくつろぐことで、眠くなった時はすぐに休むことができます。寝室が近いことで、最近では子どもが先に一人で寝室へ行き眠るという習慣が身に付きました。扉を開けておけば、親の顔も覗け安心して休むことができているようです。また親にとっても子どもの様子をすぐに確認に行けるので安心度も高まります。一階だけでなく二階にも家族で集えるスペースがあることで家族の繋がりをより感じられることができ、親子のコミュニケーションも大事にできるのです。二階で過ごす時間も大切に考えてみてほしいと思います。

Tags:

Comments are closed.