吹き抜けのある家

我が家の新築住宅は、リビングの一部分に吹き抜けを取り入れました。最初は吹き抜けを取り入れることに迷いもありました。実際に吹き抜けのある家での暮らしを送り、吹き抜けを設けて良かったと思っています。まず家族が集まるリビングをより明るく、広々と開放感たっぷりにしてくれます。

リビングは家に遊びに来るお客様をお通しすることもあるので、お客様にとっても居心地のいい空間にしたいものです。二階にまで視界が繋がることで面積以上の広さを実感できています。高い位置に設けた窓からより自然の明るさを得ることができています。吹き抜けを設ける際に一番気になったことは、冷暖房効率を下げるのではないかということです。特に暖房使用時です。温かい空気は上昇していきます。吹き抜けを通して二階に温かい空気が流れ込めば、リビングはひんやりとしてしまいます。

そこで我が家が注目したのが、住宅の断熱性と熱の出入り口となる窓の断熱性を高めることです。これらの断熱性を高めることで冷暖房の効率を下げることは軽減されるのです。むしろ吹き抜けを取り入れることで一階と二階で温度差の少ない家を実現できるのです。吹き抜け部分にはファンを設置し、空気の流れを作るようにもしました。他には足元から暖めてくれる床暖房などを取り入れるのも有効でしょう。

しっかりと対策を取ることで冷暖房効率を下げることもないですし、光熱費がかさんでしまうこともないのです。小さい子どものいる我が家が吹き抜けで魅力を感じるのは、家族の気配を身近に感じられるということです。一階と二階でバラバラに過ごしていても吹き抜けを通して互いの気配を近くに感じられるため、家族の繋がりや安心感を得ることができるのです。我が家はこの吹き抜けが自慢の一つとなっています。

Tags:

Comments are closed.