第一印象をよくするには

住宅の第一印象を決めるのは玄関です。玄関は住宅の顔とも言われる部分でもあるだけに、常にきれいで、家族の行き来のしやすさに加え、家に来たお客様へのおもてなしを忘れてはいけないのです。玄関の快適性を保つためには、シューズクロークの存在が非常に大きいのです。玄関に収納力の乏しい靴箱があっても玄関は片付きません。入りきれない靴が玄関部分にまで並べられ、狭さや圧迫感を与えてしまいます。長さのあるブーツや長靴は曲げて収納しなければならなかったり、靴の出し入れがしずらく感じることも多いです。

玄関の横に家族の靴を大容量に収納できることで玄関の快適性はグンと高まります。オープン棚にしておけば、どこにどの靴があるかが一目で分かりますし、可動棚にしておけばブーツや長靴など高さのあるものでもスッポリと収められるのです。このシューズクロークは靴や傘を収納するだけのスペースにするのではなく、外で使用したものも収納できるように土間収納スペースも充実させておくといいでしょう。

子どものおもちゃや三輪車、自転車、旦那さんのゴルフ用品や洗車用品などつい玄関部分やポーチ部分に置きっぱなしになりがちです。これら外で使用するものをしっかりとこのシューズクローク内に収められることでより玄関の快適性を保つことができるのです。

シューズクロークには換気や明るさの確保も必須です。窓を設けたり、換気扇を取り付けたり対策を行わないと、シューズクローク内に靴のいやなにおいが充満しますし、カビの発生も避けられません。夜でも物の出し入れがしやすいように照明も設置も欠かせません。玄関を快適に保つこと第一印象をよくすることができるのです。

Tags:

Comments are closed.