玄関収納

玄関は住宅の顔とも言われる部分です。それだけにいつも美しく保っておきたいものです。そこでポイントとなるのが玄関収納です。我が家はこの玄関収納を充実させたことで玄関をスッキリと美しく保つことができています。

まず、玄関の動線をメインのお客様用と家族用と分けました。家族用の玄関部分はシューズクロークを完備しています。L字型に可動オープン棚が設けられており、家族の靴を大容量に収納しておくことができます。どこにどの靴があるかが一目で把握でき、出し入れがしやすのも魅力ですし、靴だけでなく屋外で使用するアウトドア用品や工具、子ども達のおもちゃなども棚に整理することができています。

そして土間収納スペースもしっかりと確保しているのです。ここには三輪車やベビーカー、旦那さんの趣味のゴルフ用品など収納しています。これらを屋外で利用して汚れてもそのままサッと片づけられるため玄関の横にいつまでもものが置きっぱなしになる状況を避けられています。シューズクロークの収納力に力を入れたことでメインの玄関部分には靴箱など余計なものを一切設ける必要がなくなりました。

このシューズクロークから室内へとスムーズに出入りできるので靴やものを片付けやすくもなり、今までは片付けをしなかった子ども達が積極的に片付けるようになったのです。室内に入るとシューズクロークから続き、コートクロークを設けています。靴やものをしまった後は、着ている上着をきちんと片づけてからリビングに入るため、リビングに上着が散らかるのを防げています。玄関収納に力を入れたことで、住まいの顔がスッキリと広々とした空間となっています。

Tags:

Comments are closed.