階段下の活用法

二階建てや三階建て住宅には欠かすことのできない階段。しかし、この階段を設けることで階段の下にはデッドスペースが生まれてしまいます。デッドスペースを上手に活用することで住宅の満足度を高めるのです。階段をどこに設けるかどの種類の階段にしたかで適した階段下の活用法も変わってきます。余すことなく上手に活用したいものです。

我が家は、リビング内に廻り階段を設けました。階段の下にはトイレを設けています。便器を設置している一部分の天井が階段下ということで低く、特殊な形状をしています。しかし、用を足すには全く問題がないですし、一部分の天井が低いことで狭さや圧迫感を感じないか心配していたのですが問題ありません。

階段の上り初めから途中までの階段下はトイレの収納スペースとして利用しています。トイレ収納としては十分すぎるほどの広さなので、トイレットペーパーを特売日に買い込んでもスッポリと収めることができています。サニタリー用品や子ども用便座、トイレの手拭きタオルなどトイレ内で必要な物をしっかりとトイレ内で管理できているのです。階段下を余すことなく上手に活用できています。

リビング階段が増えて、階段がリビングのインテリアとして存在しているような家庭も多いです。狭さや圧迫感をリビングに与えないようにストリップ階段にして視線が奥に繋がるようにしたり、明るさを確保できるので閉鎖的な印象にならないのです。このようなストリップ階段の下にカウンターを設けてパソコンスペースやスタディーコーナーとしても利用させている家庭も多いです。

今までは掃除機や日用品などを収納する収納庫として活用されることが多かったですが、居住スペースの一部として新たな活用法が人気を高めているのです。階段下を上手に活用したいものです。

Tags:

Comments are closed.