室内ドア

住宅に使用する室内ドアは、引き戸・開き戸・折れ戸と大きく分けて3種類あります。引き戸の中で一番多く用いられるのが、片引き戸です。狭い空間同士を繋げて、広く使う場合は引き戸の中でも引き込み戸が用いられます。引き戸のメリットは、扉を開けた時に開き戸のようにデッドスペースが生まれないことです。

デッドスペースが生まれためスペースを有効的に利用できますし、扉を開けた状態でも邪魔になりません。また扉を開けた時に扉が壁の中に納まるので、部屋と部屋の繋がりを大事にできますし、開放感を出しやすくなるのです。開き戸は開閉する際に、開き戸のように体の動きが少ないため、高齢者や車イスでの行き来もしやすいのです。開き戸はよくある片開き戸と両開き戸があります。開き戸のメリットは、気密性がいいことです。

我が家のトイレはリビングに近いです。音がきになったので開き戸を用いました。気密性が高いことで、トイレで用を足していてもリビングの音がほとんど聞こえませんし、リビングからもトイレの音が全く聞こえません。引き戸のようにレールが無いので掃除が楽というメリットもあります。意外とこのレール部分にホコリがたまるため、開き戸でお掃除が手軽になるのは主婦にとっては大きな魅力と感じることと思います。

引き戸でも上吊り引き戸であれば床にレールがなくなり、フラットに空間が繋がりますが、その分気密性が下げってしまいます。折れ戸は収納用で用いられることが多く、大きな開口部を設けられるメリットがあります。それぞれの空間に適したドアを設けて、暮らしやすさを高めたいですし、デザイン性にもこだわり素敵な空間に仕上げたいものです。

Tags:

Comments are closed.