階段下の活用法

二階建て住宅にはなくてはならない階段ですが、この階段を設けることで階段下にはデッドスペースが生まれてしまいます。このデッドスペースを上手に活用しないと住宅への不満にも繋がるため階段下を上手に無駄なスペースなく活用させたいものです。階段をどこにどのような種類のものを設けるかで適した活用法も違ってきます。

最近では、リビング内に、リビングのインテリアの一部として階段が存在することも多いです。今までは階段下というと収納庫として利用されることが多かったですが、このような階段の下に設けられる収納はあえて見せる収納にして、インテリア性に配慮したものを設ける家庭も多いのです。ストレート階段の下にテレビ台を設置したり、カウンターを設けてパソコンスペースやスタディーコーナーとして利用したり居住スペースの一部として階段下をオープンに利用させる家庭も多いです。これならデッドスペースを生みませんし、空間が広々と感じられるでしょう。

我が家は、階段下にトイレを設けました。廻り階段の下に設けられたトイレは、便器を設置している一部分の天井が階段下ということで低く、また特殊な形状をしています。しかし、用を足すには全く問題がありませんし、天井が低いことで狭さや圧迫感を感じさせないように窓からの明るさの確保や、クロスやクッションフロアのデザインや明るさを確保することでこのような印象を得ることもありません。

階段の上り初めから途中までの階段下はトイレの収納スペースとして利用しています。トイレットペーパーやサニタリー用品、子ども用便座、手拭きタオル、掃除用具などトイレ内で必要な物をしっかりとここの収納にしまうことができています。トイレットペーパーを特売日に買い込んでもそのままスッポリと収められるため助かっています。階段下を余すとこなく上手に活用し、住まいの満足度に繋げたいものです。

Tags:

Comments are closed.