洗濯

洗濯は毎日行う家事の一つで、家事の中でも体力が必要です。家族が多いと洗濯物は多いですし、洗濯を終えた洗濯物は水を含むため重さを増します。それを抱えて洗濯物干し場まで移動しなければなりません。妊娠時や高齢になり足腰が弱ってくると洗濯という家事は、意外と体に負担をかけるのです。

そこで洗濯機を設置している場所から洗濯物干場への動線はできるだけ短くしておきましょう。我が家は洗面室に洗濯機を設置しました。この洗面室には勝手口を設け、その先にサンルームを設けたのです。洗った洗濯物をほとんど移動することなくこのサンルームに干すことができるので、洗う→干すという作業が効率よく行えるのです。重たい洗濯物を抱える手間もほとんどないため妊娠時には体に負荷がかからず、円滑に家事を行うことができました。

サンルームなので一年を通して天候に左右されることなく洗濯物が干せるという点も非常に満足しています。今時期は花粉が多く飛散しています。家族が花粉症がひどいのでこの時期は屋外に洗濯物を干すことができません。このサンルームがあることで花粉が衣類につくこともなく安心して干すことができるのです。

動線が短いことで家事効率が高められますし、体に負荷がかからず、また天候に左右されることなく衣類を干すことができるので毎日の家事を円滑に進められています。屋外用の洗濯物干場と室内用の洗濯物干場どちらも必須です。どちらも洗濯機からの動線に配慮し、また屋外用から室内用へと洗濯物を移動させることもあるためこれらの動線にも配慮して設けておきましょう。

Tags:

Comments are closed.