可動間仕切り収納

我が家の子ども部屋には可動間仕切り収納を使用しています。子どもが小さいためそれぞれに個室を設けるのではなく、ワンルームの子ども部屋を設け、将来的にこのワンルームを二つの個室として利用できるようにしたのです。

将来二つの部屋になることを想定して、出入りするドア、窓、照明、コンセント、可動間仕切り収納をあらかじめ二部屋分設け、個室に区切る際に大掛かりなリフォームをしなくていいようにしました。子ども部屋にこれを使用したのは、子ども部屋は子どもの成長によって空間に求められることが異なるからです。

幼少期は個室を必要とせず、のびのびと遊べる空間が求められます。この時期は可動間仕切り収納を壁に沿わせるように設置しておきます。そうすることで広々とした空間を確保でき、おもちゃを思い切り広げて遊ぶことができますし、兄弟姉妹で走り回って遊ぶこともできます。小学生になると空間を半分だけ区切り、就寝エリアと勉強エリアと目的合わせて空間を利用させるのもいいでしょう。

高学年にもなればプライベートな空間も欲しくなるので半分だけ空間を区切ることで、今までのように空間や兄弟姉妹の繋がりを感じることができながらも、プライベートな空間も手に入れられます。個室になる練習期間を設けておくのもいいでしょう。中学・高校になると個室を必要とするので完全に空間を区切ります。このように成長過程によってぴったりの空間造りを行うことができますし、簡単にレイアウトを変更できるので便利です。可動間仕切り収納を子ども部屋に取り入れるのはおススメです。

Tags:

Comments are closed.